香港・マカオのおすすめ旅行

香港・マカオのおすすめ旅行…格安香港ツアーで香港旅行をする場合、出発日の翌日は朝から九龍半島・観光と香港島・観光があり、その後香港・ショッピングが何ヶ所かあり、ショッピング終了後に解放されます。ショッピングの行く先は貴金属やシルク、化粧品のお店などです。欲しいものがあれば買ってもよいと思います。しかし、これらのショッピングでは旅行会社にKBと呼ばれるお金が返されています。

ガイドにも売上に応じてコミッションが支払われます。このことを考えると、実際の価格よりも高い価格で売られており、その利益の中から旅行会社、ガイドへコミッションが支払われていることが明らかです。得策とは言えません。しかし、格安ツアーの格安の理由がこのコミッション分を差し引いてツアーが作られていることを考えれば安くなった分だけ買い物をしても良いのではないかとも考えることが出来ます。

香港旅行の場合、香港・格安航空券・予約と香港・ホテル予約で行くよりも香港ツアーで行くほうが安い場合がほとんどです。それはツアー用の航空券のレートが通常の格安航空券よりも安いレートで設定されていることや現地のランド費用からショッピングKBが差し引かれているからです。

私なら、格安ツアーで香港に行って、フリータイムを利用して目当ての香港・グルメを楽しんで、もしフリータイムが2日あればマカオ・カジノに遊びに行くかなと思います。元々安くなった分をショッピングで使うのではなく、その得した分は美味しいものを食べて、元々のツアー代金くらいまでをリミットにしてカジノで勝負をしようかと。

香港の友人曰く、香港の食事が何故美味しいか。それは香港人は工夫を怠らないからだそうです。日本人は素材の味に頼りすぎているので、素材で美味しいものが入らなかった場合、たちまち美味しいものが出来ないということになるけど、香港人は調理法方で常に工夫をしているので、飽きさせないということでした。そのガイドは日本語ペラペラで親日家なのかと思いきや、日本人は努力が足りないとブチブチと言っていたのは面白かったですね。

そんな話は全部日本語で話しているんですから笑います。そのガイドに連れて行ってもらった店に「橋底辣蟹」があります。そんなに高い店ではありませんが、蟹が驚くほど美味しい。ニンニクや唐辛子などを炒めたソースを蟹が埋まってしまうほどかけられています。これを食べに香港に行きたいと思うほど美味しいです。他にも日本では高い福臨門もランチならそれほど高くなく食べる事が出来ます。やはり香港・マカオならグルメが一番のおすすめです。

Copyright-Big Japan web dwyt. From [資金繰り‐通り過ぎる]-All Rights Reserved

資金繰り‐通り過ぎる|イメージ画像